So-net無料ブログ作成
madomagi.jpg
Picnik コラージュ.jpg




いつの間にか野菜づくりに熱を入れなくなりました[晴れ]
自分が一体何なのか?もう流れに任せて生きております[るんるん]
自分の知らない自分の世界
おもろいこといっぱいあるで~~見逃すな~[目]
おすすめ動画です。ダライラマ「生き方のインストラクション18」です
いつも拝見しているVastStillnessさんが翻訳しアップしてくれていましたw
大切な素敵な言葉と思うので引用させていただきましたw

今朝の夢 [夢]

今朝は

母の夢を見た。

まさしく リアルで気持ちが悪く感じるぐらいだった。

私の母は私が19歳の誕生日の3日後に亡くなった。




∞夢の内容∞

霊感の強い女の子(ケロロ軍曹に出てくるナツミみたいな子)と
そのほか 4.5人でのれんのかかった部屋の中にいた。

すると、霊感の強いナツミは「ここに霊がいる!」

私たちほかの子は全く感じないが、私は不気味さだけ感じていた。

ナツミ 「外にみんなに出そう!」

みんなで外へ出す

が・・・

のれんがフワ~ってゆれてまた霊が入ってくる。

また、みんなで外へ   またのれんがフワ~ってなって入ってくる。

それを何回 繰り返しただろう・・・・。

私は 異様な恐怖に震えていた。

あきらめてその場から立ち去ろうとした瞬間。

壁に少女らしき 姿が 私の目に飛び込んできた。

私は驚いて 怯えながら ナツミに   「あそこに少女が」

ナツミ  「そうそう女の子だね」


私はなぜか その少女の目の前に居た。


少女は見る見るうちに大人の   私の母の結婚式の内掛けの姿になっていった。

その母の姿は壁に写真の姿だった。等身大の写真。

そこから真っ白い手が フワ~っと出てきた。

私は 母の手を ぐっと握り締め 壁の中の母を抱きしめた。

「お母さん! お母さん!」  って泣きながら、

この日記を書いている今も 泣きそうである。

その時 周りにいた女の子たちはクスクスと笑っていた。

なぜ笑っていたのかわからないが、冷かしではなさそうだった。

そこで目が覚めた・・・・。

昨日は父

今日は母




姉も前回の日記を読み「最近父 母の夢をよく見る」と言っていたが


何を意味しているのかわからない。


ただ、私は明らかに 母の死 や父のことを背負っている。(気にしている)


親子だから当たり前だろう。


母のことを背負う  霊能者的に言えば 「怨念」とかいうんだろうな~。

人の死は身近になるほど、後悔が残る。

私も母にあーしとけばよかったこーしとけばよかった。ってやっぱり未だに思う。

でも、母はきっと そうは思っていないと 思う。

それをまた知らせに来てくれたんだろうか?

そんな今も 涙があふれてくる。

今を精一杯 生きる。 今に 感謝する。

常にそう感じれることが できるように・・・。

たまにでもそう感じれるから まーいっか?

この世は 本当に 摩訶不思議

自由意志ってあるようで ないね。

でも思考は現実化するね。

ありがとう お母さん。










2946910


昨年のやぎちゃんの写真。母を気にする 子やぎちゃんがとってもcute[揺れるハート]






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今朝の夢 [夢]

昨日、父の事を綴って見たが、

今朝、父の夢を見た。

今年、2月まで父が付き合っていた女性(2月に乳がんで亡くなった)と、父が出てきた。

とっても短い話だったけど、しんどかった・・・。

父とその女性との間に子供ができた、

だが、2人とも 酒豪で 女性はやっぱりガンだった。

見ていて痛々しい二人に対して

怒りをぶつける私・・・・。

無計画ぶりの二人を見て本当に心が痛い自分がいたのだ。

私がどんな思いでいるかわかっているのか?みたいな事を

父に必死に叫ぶ 声は 出ない・・・・。

言いたいことが言葉に出なくて 苦しくて・・。

叫んでいるが言葉が出ない。

どんどんと息が苦しくなって・・・・



目が覚めた。




言いたいことが言えなかったもどかしい気持ちを残したまま・・・。





そして、父の幼少期の父の気持ちになった。





父の父は大変厳しい人だった。

父は頭ごなしに自分(父)を怒鳴りつける 父に矛盾を抱えながらも

言い返せないくらいおじいちゃんは大変厳しい人だった。

父は心を閉ざしたのだ。

父は恐怖の中に生きている。

誰にも心開くことなく、自分の中に閉じ込めてしまったのだ。


小さい父はそこにいる。


心開きたいという父がいる。

心と閉ざしてしまった。自分に苦しんでいる・・・。

私はそれを悟った瞬間 いっぱいの涙と共に心の重みが

すぅーっと消えた。

私はずっと父に対して怒りの感情を出さずにいた。

それが逆効果だったのかな?

どうか、解らないけど

きっと 今度会ったとき 怒りの気持ちを露わにすることなく

きちんと父の事を聞いて見ようと思う。

人間関係 勘違いが多い。

自分に対して勘違いをしているんだから当たり前っていったら当たり前なんだろう。




自分も親の影響で 今の自分がある

父も両親の影響の父なのだ。




だれが悪い訳でもない。その反対の良いも もちろんない。


ただ、自分から歩みよるだけ。


家族の事も知らない。自分の事も理解していないのに


なぜ 戦争がなくなるって言うんだい?


答えは足下・・・。そして自分の中に・・・・。



目をそらさずありのまま









nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。